バブル女子の日常

イケイケだった私も今やただのおばさん。変わりゆく時代を生き抜く50代女性の日々。

幼児ヒエラルキーを目の当たりにする!

先日ちょっとした集まりがありました。

その中には4歳の子供連れのママさんがいました。

皆は始めその子に関心を寄せあれこれ

かまったり、質問したり、その子の仕草を見て笑ったりしていました。

しばらくして今度はまだ2歳になったばかりの子供連れのママさんが加わりました。

その途端に皆の関心はその2歳児に

向けられました。

危なかしい足取りで歩いたり、片言の言葉で

おしゃべりしたり、人見知りして泣き出したりする様子に皆は釘付けです。

一挙一動見守っていてもう誰も4歳児には目もくれないのです。

あまりの極端さに内心面白くなりました。

若い女性がちやほやされるのと同じで

幼児の存在ですらより若い方がもてはやされるのですね、、、。